【中山記念】伸び目立ったトーセンスーリヤ 小野師「動きは文句なし」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

 昨年8月札幌記念(6着)以来のトーセンスーリヤは坂路で4F52秒5~1F11秒9。ラストの伸びは目立った。小野師は「先週でほぼ仕上がっていたので、今日は坂路で。動きは文句なし。体重の変動もそうないし、レース条件もいい。あとは久々がどうかだけ」と昨年6月の宝塚記念(7着)でも見せ場をつくった底力に懸けていた。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月25日のニュース