【弥生賞1週前追い】ダノンザキッド、ラスト切れ抜群 安田隆師「気持ちが入ってきた」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

川田将雅騎手を背にCウッドを併せ馬で追い切るダノンザキッド
Photo By 提供写真

 昨年、無傷の3連勝でホープフルSを制したダノンザキッド(牡3=安田隆)が弥生賞ディープインパクト記念(3月7日、中山)の1週前追い切りを栗東CWコースで消化した。7F97秒4と長めを追われて併せたエスト(5歳3勝クラス)に7馬身先着。ラスト1F11秒7は抜群の切れ味だった。安田隆師は「動きは良かったし、気持ちが入ってきた。レースまでに態勢は整いそう」と報告。来週の本番に向けて、着々と準備は進められている。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月25日のニュース