【中山記念】サンアップルトン問題は距離だけ 柴田善「1800メートルのペースにかみ合えばこなせる」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

 先週のダイヤモンドSを除外になってこちらに回ったサンアップルトンは、主戦・柴田善が騎乗して坂路で併せ馬。コスモセイリュウ(4歳2勝クラス)を3馬身追走して併入。4F54秒4~1F12秒0をマーク。柴田善は「まあまあ。反応は良かった。この前は道悪に尽きる。距離?(問題は)そこだけだよ。1800メートルのペースにかみ合えばこなせると思う」と評価。前走AJC杯10着からの巻き返しを期していた。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年2月25日のニュース