競輪界に衝撃…成清龍之介さん、路上練習中に事故死、新田祐大「悲しい」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

成清龍之介さん
Photo By スポニチ

 千葉県袖ケ浦市中袖の市道で24日午前10時20分ごろ、自転車に乗って練習中だった競輪選手の成清龍之介さん(21)=市原市=が路肩に停車していた中型トラックにぶつかり、病院に搬送されたが頭部外傷で死亡した。木更津署によると、現場は片側2車線の見通しのよい直線道路。同選手はヘルメットをかぶり仲間とともにトレーニング走行中だった。

 千葉県出身で昨年5月デビュー。ここまで22戦10勝、2度の優勝がある。父が記念2勝の成清貴之(47)で期待が大きかった。

 訃報を受けて同じ千葉支部で競輪選手の根田空史(32)は自身のツイッターを更新し「ショック過ぎる‥」と悲しみに暮れた。

 東京五輪代表で競輪選手の新田祐大(35)は自身のインスタグラムのライブ配信中に訃報を知り「えっ…」と言葉を失ってから「こういうのは悲しいですよね」とコメントを残した。

続きを表示

この記事のフォト

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2021年2月25日のニュース