【高松宮記念】クリノガウディー、坂路自己ベスト 大駆けイメージ膨らませる

[ 2020年3月26日 05:30 ]

和田騎手を背に坂路を駆け上がるクリノガウディー(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 クリノガウディーは新たにコンビを組む和田が手綱を取り、坂路で最終追い。距離短縮を意識してか前半から意識的に飛ばし、4F50秒6の自己ベストを叩き出した。和田は「いっぱいにやってくれと。うるさいところがあると聞いていたけど、今朝はそんなところもなかった。距離に関してはやってみないと」と話す。週末の雨予報は歓迎のようで「速い時計の勝負より、むしろ歓迎」と虎視眈々(たんたん)。大駆けのイメージを膨らませていた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月26日のニュース