【毎日杯】アルジャンナ、坂路単走で時計物足りないも池江師「動きまずまず」

[ 2020年3月26日 05:30 ]

坂路を単走で駆け上がるアルジャンナ(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 きさらぎ賞3着の雪辱を誓うアルジャンナ(牡3=池江)は坂路単走追い。鞍上のアクションの割に4F52秒0~1F12秒2の時計が物足りなく映った。池江師は「動きに関しては、まずまず」としながらも「新馬戦、2戦目の時のような、ほれぼれする動きではないね」と歯がゆさも感じている。叩き2戦目。クラシックに向け、真価が問われる舞台になる。

 

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月26日のニュース