ルメール、コロナ検査は陰性 ルメール&古川は14日間の自宅待機要請

[ 2020年3月26日 05:30 ]

C・ルメール (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 開催中止となったドバイ国際諸競走のため現地入りしていたクリストフ・ルメール(40)が25日、新型コロナウイルス検査の結果が陰性だったことを自身のツイッターで明かした。ルメールは24日に帰日。フランス語で「コロナ検査は陰性。安心」と報告した。

 JRAはドバイに先乗りしていたルメール、古川、厩舎スタッフらに帰国日翌日から14日間の自宅待機を要請。そのためルメールと古川は4月7日までレースや調教に騎乗できない。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月26日のニュース