【高松宮記念】グルーヴィット、激変を予感させる ラスト1F12秒1

[ 2020年3月26日 05:30 ]

坂路をヤマニンマヒアとの併せ馬で駆け上がるグルーヴィット(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 グルーヴィットに激変の予感あり。坂路でしまい促されると一気に加速。ラスト2Fを12秒4→12秒1で駆け抜けた。「しまいをしっかりやってもらうようにという指示。動きは良かったと思います」と松永幹師。気を抜く面が顔をのぞかせ、今回からブリンカーを着用。馬具効果も見込む。中京は昨年中京記念V、ファルコンS2着の得意舞台。「中京記念(やや重)は馬場が悪くても勝ってくれたし、他の馬が道悪を苦にしてくれるようなら」と週末の雨予報も意に介さなかった。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月26日のニュース