【高松宮記念】ダイメイプリンセス、きっちりと先着 森田師「いつも通り」

[ 2020年3月26日 05:30 ]

坂路を併せ馬で駆け上がるダイメイプリンセス(手前)とラブカンプー(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 森田厩舎の2頭が坂路で併せ馬。ダイメイプリンセスは先行するラブカンプーを追う形から、4F51秒9~1F12秒8の時計できっちり1馬身先着を果たした。絶好調時の切れはないが、確実に上向いた印象だ。森田師は「動きに関しては、いつも通り。寒い時季はレースでも最後に伸び切れない。このまま気温が上がってくれたら」と春の訪れを歓迎する。「あとは枠順。去年(18番)もそうだが、外枠ばかり」と内枠を好走条件に挙げていた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月26日のニュース