【高松宮記念】セイウンコウセイ、単走で豪快駆け

[ 2020年3月26日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るセイウンコウセイ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 3年前の覇者セイウンコウセイはWコース単走で5F67秒9~1F11秒5。外ラチ沿いを豪快に駆け抜けた。上原師は「先週しっかりやったし、気も入っているので余力残し。それでもラスト1Fは11秒台が出るんだから、体調もいいんでしょう」と穏やかな表情。17年優勝、18年6着、昨年2着と抜群のレース相性。「前走(シルクロードS5着)はトップハンデ58キロを背負った中で頑張っている。優勝した時はドボドボ(やや重)、昨年は速い時計に対応しているので、馬場状態は問わない」と王座返り咲きを見据えた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月26日のニュース