【大阪杯1週前追い】追ってひと言

[ 2020年3月26日 05:30 ]

 ヴェロックス(片山助手)最後に脚を使えるように、坂路主体で調整。やれることはやれているし、一流馬相手になるが“改めて”という気持ちです。

 カデナ(中竹師)動きはいいですね。力強くて、カデナらしい走りだった。状態の良さを生かして結果を出せれば。

 ダノンキングリー(萩原師)動きは良かったし、前走の後も変わりなく順調に来ています。(久々の)2000メートルの距離に関しては走ってみないと分からないが、こなせると思う。

 マカヒキ(安田助手)相手も動く馬で、しっかりやりました。休み明けという感じもしないし、7歳でもまだ若々しいですね。

 ラッキーライラック(松永幹師)しっかりやりたかったし、動きはホント良かったですね。前走(中山記念2着)の前より全然いい。競馬も上手だし、舞台も問題ないかな。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月26日のニュース