【高松宮記念】ティーハーフ、年齢感じさせないキビキビした動き

[ 2020年3月26日 05:30 ]

坂路を単走で駆け上がるティーハーフ(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 10歳になっても元気いっぱい。ティーハーフは坂路単走でラストしっかりと追われ、4F53秒8~1F12秒3をマークした。「年齢を感じさせないくらい、キビキビした動き。良くなってきています」と西浦師。長期休み明けを3度叩かれ、今年もこのレースに参戦してきた。昨年は叩き3走目、11番人気ながら勝ち馬から0秒3差5着と頑張った。ベテランホースが意地を見せないか。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月26日のニュース