【高松宮記念】モズスーパーフレア、衝撃の坂路4F48秒9 松若涼しい顔「馬なり」

[ 2020年3月26日 05:30 ]

坂路を単走で駆け上がるモズスーパーフレア(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 モズスーパーフレアが開門直後の坂路で4F48秒9、驚愕(きょうがく)の1番時計を叩き出した。テンから飛ばしてもラスト1Fは12秒4、ピッチを利かせて自己ベストを更新した。

 感触を確かめた松若は「最後も馬なりで馬のリズム良く。無理はしていません」と涼しい顔。今年もビュンビュン飛ばす算段か。「ここ最近は1週前に併せ馬をやって、当週は単走と同じ仕上げ方。具合はいいですし、レースでも気分よく行かせたい」。スピードを前面に押し出して、悲願のG1初Vを目指す。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年3月26日のニュース