【フェブラリーS】ヴェンジェンス癒える 前走の疲れなし元気いっぱい7歳

[ 2020年2月20日 05:30 ]

幸英明騎手を背に坂路で単走で追い切るヴェンジェンス
Photo By 提供写真

 ヴェンジェンスは坂路単走で4F52秒8~ラスト1F12秒7。幸は「前走後に少し疲れが出た…と聞いたが、先週の追い切りではそんなに感じなかったし、今日も変わらずいい動きだった」と好感触を伝えた。

 常に伏兵っぽいイメージが伴うが、目下3戦続けて戦っているインティに2度の先着を果たしているのだから、堂々の主役候補。3走前のみやこSで重賞初勝利を飾り、前走の東海Sでもゴール前でインティを抜いて2着に浮上した。

 7歳を迎えたが、まだまだ元気いっぱい。大根田師は骨折で3歳時を棒に振った1年半超の休養を経験していることに触れ「今となっては、あの休みが良かったのかな。7歳でも中身が若い」とした上で、初めてとなる東京マイルの舞台についても「“決め乗り”というか、直線が長いのでレースはやりやすい」と歓迎していた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月20日のニュース