【京都牝馬S】追ってひと言

[ 2020年2月20日 05:30 ]

 アマルフィコースト(牧田師)出来がいいし距離もベスト。

 サウンドキアラ(安達師)順調。距離に戸惑わずに走れれば。

 シゲルピンクダイヤ(渡辺師)久々を感じさせない動き。輸送でイレ込むので、京都替わりはプラス。

 ノーワン(笹田師)全体もラストも、いい時計。

 ビーチサンバ(大江助手)いい時ほど体を使えていないが、初戦としてはまずまずの仕上がり。

 プールヴィル(庄野師)順調だし、体重を増やして出せそう。

 メイショウショウブ(坂井助手)具合がいいし短縮もプラス。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月20日のニュース