【京都牝馬S】ドナウデルタ、坂路で余力残し4F51秒4

[ 2020年2月20日 05:30 ]

北村友一騎手を背に坂路で単走で追い切るドナウデルタ
Photo By 提供写真

 「第55回京都牝馬S」(22日、京都)は3連勝中のドナウデルタ(牝4=石坂正)が注目の存在。追い切りは坂路単走で手応えに余裕を残しつつ、4F51秒4~1F12秒1の好時計をマークした。

 手綱を取った北村友は「凄くいい動きでした」とキッパリ。終始モタれていた点を問われると「それは“余裕がある”といい方に捉えたいです」。母ドナウブルーは12年の覇者。母娘制覇なるか。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月20日のニュース