【午後の狙い馬・京都11R】タフな馬場に合いそうダンビュライト

[ 2019年2月10日 09:52 ]

 【10日京都芝=11R(8)ダンビュライト】京都の芝は年明けから重め。日曜日は良馬場スタートながら昨夜はひと雨。朝も雪がチラついた。今日もタフな馬場となりそうだ。土曜日は芝のレースが4つ行われ、上がり最速を繰り出した馬は1勝もできなかった。勝ち馬の4角通過位置は2、1、4、3。2着馬は5、4、3、3だった。ある程度前が取れて、しぶとく脚を使える馬をチョイスしたい。ダンビュライトは上がり最速をマークしたのが新馬戦のみ。切れるタイプではないが、実にしぶとい。こういう馬場が合いそう。道悪で【1112】だし、ルーラーシップ産駒は重い馬場が得意。積極的に乗る松若が粘って粘り込む。馬連(8)から(2)(7)(8)(10)(11)(12)へ。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年2月10日のニュース