【あすなろ賞】ハバナウインド、鋭伸差し切り2勝目

[ 2019年2月10日 05:30 ]

 小倉10R・あすなろ賞は中団で脚をためたハバナウインドが鋭く伸びて差し切り、2勝目を挙げた。鮫島駿は「上がりがかかるレースになると思っていたので、理想的な流れでしたね」と笑顔。1400メートルのデビュー戦(1着)から1800、2000メートルと距離を延ばしてきたが「しっかり対応してくれたし、最後もまだ余裕があった」と手応えをつかんでいた。昨年の当レース勝ち馬エポカドーロはトライアル2着から皐月賞V。出世レースを勝ち、クラシックの舞台へ羽ばたいていくか。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年2月10日のニュース