【寺下の変 特別編】10日京都10R リアンヴェリテの“逃げ推し”

[ 2019年2月10日 08:00 ]

 土曜の東京は降雪の影響により安全な競馬の施行に支障があると判断され、開催中止。3連休の最終日に順延となった。せっかくなので、急きょの“3日間開催”を楽しもう。

 日曜の“逃げ推し”は、京都10R・北山Sの◎リアンヴェリテ。昨夏の函館で逃げて2連勝を飾り、自分のスタイルをみつけた。500万勝ちは“2秒3差”の大楽勝。自分のペースで行ければ、しぶとく粘れる。

 前走の中山は心房細動で競走中止となったが、中間の動きをみる限り、影響はなさそう。坂路で1週前に4F51秒9をマークすると、最終追いは50秒9の自己ベスト。ラスト2Fも11秒8→12秒4と速かった。京都は2走前に4着好走。東海Sを制した新星インティとの先行争いを制して逃げると、かわされてからも踏ん張った。当時0秒2差だった2着馬が次走で現級を勝ち上がっており、通用する下地はある。その時と比べて、楽になった相手関係からもチャンスは十分だ。

 馬券は単勝&馬連流しで相手は○クリノライメイ、▲スウィングビート、☆エンクエントロス、以下△ウインユニファイド、クリノリトミシュル、ビッグアイランド、フリーフリッカーの計7頭へ。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年2月10日のニュース