【万哲の乱 特別編】10日京都11R 成長期に入ったタイムフライヤーの出番

[ 2019年2月10日 08:00 ]

 京都11R・京都記念は◎タイムフライヤー。2歳時にホープフルSを制した後は、意外に体が増えずに成長力に「?」が正直付いていた。ただ、前走・中山金杯(5着)は栗東〜中山間の長距離輸送もあったのに10キロ増の464キロでデビュー以来の最高体重。レース自体は先に動いた2着馬ステイフーリッシュの後を追うようにロングスパートで動き、最後まで粘り強く伸びていた。勝ったウインブライトと「0秒2差」なら内容も悪くない。中間はさらに一段アップした動きで迫力も増した。松田師は「一度使ったことで体に張りが出た」と手応え。一瞬の切れより持続力が売り。今の力のいる京都の芝もプラスになる。馬体減なく当日出走できれば、なおいい。

 《もうひと押し》東京9R・初音Sは◎ブラックスビーチ。経済コースの内で脚をタメられそうな内寄り1番枠。雨上がりの東京芝は「内伸び」になる傾向で枠順も味方にできる。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年2月10日のニュース