【京都記念】1番人気ステイフーリッシュ惜しくも首差2着 藤岡佑「最後はよく詰めている」

[ 2019年2月10日 16:52 ]

<京都11R・京都記念>直線で抜け出し、接戦を制したダンビュライト(左)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 1番人気ステイフーリッシュ(牡4=矢作、父ステイゴールド)は好位から上がり3F34秒8の末脚で追い込んだもののクビ差届かず2着に惜敗。

藤岡佑は「いい位置で運べた。出入りがあっても大丈夫でした。状態もよかったので自信をもって動かしていけた」と振り返り「勝ち馬とは内外の差があったし、直線でミスステップもあった。それでも最後はよく詰めている」と悔しさをにじませながらもパートナーをホメたたえた。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年2月10日のニュース