【京都記念】ダンビュライトV 松若「最後はヒヤヒヤしたけど手応え通り伸びてくれた」

[ 2019年2月10日 18:16 ]

<京都11R・京都記念>直線で抜け出し、接戦を制したダンビュライト(左)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 10日の京都競馬11R「第112回京都記念」は6番人気ダンビュライトが優勝、昨年AJCC以来となる2つ目の重賞タイトルを奪取した。

 タイムフライヤーがデビュー以来初めての逃げ。ダンビュライトはスッとスタートを決め、好位に収まった。勝負どころで仕掛けると、身上のしぶとさを発揮して先頭へ。外から追いすがるステイフーリッシュを首差しのいでゴールした。このコンビで3戦3勝となった松若は「ペースは少し遅いと思った。馬はリラックスして、いいリズムで運べました。最後はヒヤヒヤしたけど、手応え通り伸びてくれましたね。3戦3勝? いいタイミングで乗せてもらえています。こういうチャンスを生かせるかどうかが大切。勝てて良かったです」と振り返った。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年2月10日のニュース