【午後狙い馬・21日東京11R】ラインルーフが良馬場で躍動

[ 2018年10月21日 14:01 ]

 東京のダートは表面が乾燥し、風で砂ぼこりが舞うコンディション。パワーを要求される。1、5、7Rはいずれも好位差しの馬がV。先行馬は直線で伸びを欠く傾向だが、極端な追い込みも決まらない。好位で立ち回って、なおかつ確かな末脚を持つ馬が狙い。

 メインはラインルーフ。前走シリウスSは14着大敗も、不得手な道悪に泣いた印象。2走前の名鉄杯(良馬場)では2番手から抜け出し、2着に8馬身差をつける圧勝。脚質のきょうの傾向にマッチ。良のオープン特別なら巻き返せる。(10)から。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2018年10月21日のニュース