【京都新馬戦】ゴルトマイスター完勝!三浦「将来が楽しみ」

[ 2018年10月21日 05:30 ]

 京都4R新馬戦(ダート1800メートル)は、1番人気のゴルトマイスター(牡=手塚、父ゴールドアリュール)が好位から抜け出して完勝。4角で早々と先頭に並びかけると軽く仕掛けただけで3馬身半差をつけた。

 三浦は「大きいと聞いていたが、思った以上に大きかった」と562キロの雄大な馬体に驚嘆。「いい意味で緩さがあって、しっかりしてくれば楽しみ」と将来性を語った。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年10月21日のニュース