【菊花賞】(2)グレイル 絶好の状態「今までで一番」

[ 2018年10月21日 05:30 ]

 グレイルはCWコースからゲートに移動。駐立をチェックした。野中師は「疲れを残さないようにした。前走は休み明けで急仕上げ。1回使って、かなり良くなっている。前走後の回復が早かったし、追い切り後の筋肉痛もなく今までで一番いいんじゃないかな。この馬がこんな状態で、なかなか使えない」と絶好の感触。1枠(2)番をどう生かすか。人馬一体でゴールを目指す。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年10月21日のニュース