PR:

【菊花賞】エタリオウは9戦目で6度目2着…武豊は秋G1・3戦連続3着

<京都11R・菊花賞>直線でエタリオウ(9)と並んで抜け出したフィエールマン(左)(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 3歳牡馬クラシック3冠最終戦「第79回菊花賞」(G1、芝3000メートル)が21日、京都競馬11Rで行われ、C・ルメール騎手騎乗のフィエールマン(牡3=手塚厩舎)が優勝。G1初勝利を挙げた。これが4戦目で同レース史上最少キャリアでのVとなった。2着はM・デムーロ騎手騎乗のエタリオウ、3着には武豊騎手騎乗のユーキャンスマイルが入った。

 2番人気のエタリオウにとっては“また”の2着。デビュー2戦目で初勝利を挙げたが、その後は4戦連続2着。秋初戦、前哨戦の「神戸新聞杯」も2着。このレースで9戦目だが、2着はすでに6回を数える。

 一方、武豊も“また”3着。今秋のG1ロード初戦となる「スプリンターズS」では13番人気のラインスピリットで3着と波乱を演出。先週の「秋華賞」も初コンビのカンタービレで3着。このレースでは10番人気のユーキャンスマイルをロスのない騎乗で馬券圏内に導いた。昨年はデムーロがJRA・G1実施機会10戦連続3着以内という記録を打ち立て話題となったが、今秋は豊が大きな存在感を発揮している。

[ 2018年10月21日 16:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:11月14日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース