【フェブラリーS】(10)テイエムジンソク 落ち着きある

[ 2018年2月18日 05:30 ]

 チャンピオンズCの雪辱を期すテイエムジンソクは、午後3時10分に東京に到着。「馬運車の中はおとなしかったし、いつもと変わらない感じ」と、吉永厩務員は馬房でカイバを頬張る愛馬に目を向けた。「以前は使うと腰に疲れが出たが、それが出なくなったのが大きい」。昨年5月から7戦5勝、2着2回。充実一途の要因は体の成長にある。首差で逃したビッグタイトルを、今度こそ手中に収める。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年2月18日のニュース