【フェブラリーS】ノンコノユメが新ダート王者 内田は末脚絶賛「騎手冥利に尽きる」

[ 2018年2月18日 16:06 ]

<フェブラリーステークス>ノンコノユメ(右)が豪快に差し切って優勝
Photo By スポニチ

 ダート王決定戦「第35回フェブラリーS」(G1、ダート1600メートル)が18日、東京競馬場11Rで行われ、内田博幸騎手騎乗の4番人気ノンコノユメ(せ6=加藤征厩舎)が優勝。去勢後の不振から脱却し、連勝でJRA・G1初制覇となった。

 ハイペースの中、後方から競馬を進めたノンコノユメ。鞍上の内田は「作戦通り。有力馬が前にいたのでそれを見ながら。末脚はいいので、必ずいいところに来ると思っていた」と充実した表情でレース展開を振り返った。

 ノンコノユメは3歳時にジャパンダートダービーを制したが、古馬になってからは勝ち星に恵まれなかった。さらに去勢後は上位争いにすら食い込めず悔しいレースが続いていた。前走の根岸Sで久々の勝利を挙げ、これで連勝。完全復活を印象付け、「結果が出ない悔しい思いを晴らすような走りだった。騎手冥利に尽きます」と内田は満面の笑み。「また大きいところを狙ってほしいと思います」と今後についても大きな期待を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年2月18日のニュース