【ダイヤモンドS】戦い終えて

[ 2018年2月18日 05:30 ]

 2着リッジマン(蛯名)折り合いもついて、直線はやったと思った。よく頑張っている。

 3着ソールインパクト(福永)重量が軽いので、気持ち早めに動いた。手応えがなくなってから踏ん張るのが、この馬の特徴。距離適性も示せた。

 4着リッチーリッチー(内田)何とか我慢した。3着はあると思ったが…。

 5着プレストウィック(戸崎)気難しい馬でレースがスムーズすぎたかも。

 6着ハッピーモーメント(津村)競馬を覚えてくれば、もっとやれる。

 7着ホウオウドリーム(松岡)少し距離が長いかもしれない。

 8着トウシンモンステラ(北村宏)馬場が硬く、勝負どころから突っ張った走りになった。

 9着ダウンザライン(石神)ダートの方が合っている。

 10着レジェンドセラー(田辺)少しずつ詰めていったが最後は止まった。

 11着グランアルマダ(三浦)楽に行けたが、後ろに早めに来られてしまった。

 12着トレジャーマップ(江田照)もう少し内に入れたかった。外枠も厳しかった。

 13着ラブラドライト(中谷)4角で手応えがなくなった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年2月18日のニュース