【フェブラリーS】(2)ケイティブレイブ 浮き沈みなし

[ 2018年2月18日 05:30 ]

 川崎記念で交流G12勝目を飾ったケイティブレイブは、昨年のこのレース(6着)以来1年ぶりの東京参戦。「輸送は大丈夫。追い切り後も状態はいいし、(調子の)浮き沈みがない馬」と北谷助手。2月いっぱいで定年解散の目野厩舎にとってのラストG1。「昨年より力をつけたし、戦法はジョッキー(福永)に任せる。目野先生の最後だからね」と悲願の中央G1制覇へ力を込めた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年2月18日のニュース