【フェブラリーS】ゴールドドリーム連覇ならず!無念の2着にムーア「最後に脚が止まった」

[ 2018年2月18日 16:58 ]

<フェブラリーステークス>ノンコノユメ(右)が豪快に差し切って優勝
Photo By スポニチ

 連覇を狙ったゴールドドリームは無念の2着。中団から末脚を伸ばし、ゴール前でノンコノユメとの叩き合いに持ち込んだが、首差及ばなかった。

 騎乗したムーアは「スタートは相変わらず遅かったが、馬は前走よりも良くなっていた。ただ、早めに動かざるえない展開になってしまった。その分、最後に脚が止まった」と悔しそうな表情。平田師は「ジョッキーの言う通り、早めに動いたのが全てだろう。力は示してくれた」と前を向いた。選出されているドバイワールドC(3月31日、メイダン)については「オーナー(吉田勝己氏)と相談したい」と話すにとどめた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年2月18日のニュース