展開を読む【天王山S=ハイペース】

[ 2017年4月29日 05:30 ]

 内枠からイッテツが行くが、ナンチンノンやシゲルカガも逃げてこそ。ハイペースが濃厚か。コウエイエンブレム、ブルドッグボスは先行勢を射程圏に入れながら脚を温存。後方のスマートアヴァロン、ナガラオリオンも届く流れ。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2017年4月29日のニュース