【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】29日東京5R 素質上位ニシノキッカセキが適条件で本領発揮

[ 2017年4月29日 08:00 ]

 今日土曜の東京メイン・青葉賞は例年以上に重要度の高い一戦になった。このレースをステップにダービーを制した馬は過去1頭もいないが、そのジンクスも今年で終わりかもしれない。それだけの器とみて■に指名したアドミラブルが、本番と同じ舞台でどんなパフォーマンスを見せてくれるか。皐月賞が大波乱だっただけに、この馬が圧勝すればダービーで1番人気に支持される可能性もある。

 馬券的な狙いどころは東京5R。今週は土日で大挙12頭を出走させる手塚厩舎の中で、最も勝負したいのが◎ニシノキッカセキだ。長期休養から復帰後は6→14着という着順だが、前走は3歳500万戦への格上挑戦。しかも初の芝1200メートル戦で速い流れに戸惑って後方に置かれ、最後も前が詰まるという最悪の形。全く参考外の一戦と考えていい。デビュー前から陣営の評価が高かった逸材。実際、昨年6月の東京新馬戦では3番人気で鼻差2着と高レベルな走りを見せている。その後の骨折で長い休養を余儀なくされたが、復帰3戦目となる今回は「暖かくなって体が締まり、動きも申し分ない」(手塚師)と完調に近づいた印象。初戦2着の舞台と条件も理想的。自信の勝負レースだ。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2017年4月29日のニュース