【川口・オールスター】「ナンバーワン勝負服」高橋貢は14度獲得

[ 2017年4月29日 05:30 ]

 オートレースにおいて、着順、タイム、何車追い抜いたかなどの要素を数値化したのが「平均競走得点」。半期ごとに、同得点の全国ランク1位を決め、その選手にナンバーワン勝負服を贈る制度は02年度前期にスタート。この時は「ナンバーワン・ヘルメット」が贈呈され、栄えある初代1位は岡部聡だった。

 04年前期から勝負服へと変更。この制度下では高橋貢が無類の強さを誇り、08年前期〜10年前期の“5連覇”を含め14度、ナンバーワン勝負服を獲得している。13年後期以降は永井大介、青山周平、中村雅人、金子大輔が分け合う形で推移してきた。鈴木圭が栄光の勝負服を着続け、長期政権を築くことができるか。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2017年4月29日のニュース