【天皇賞・春】(12)ゴールドアクター ひと叩きして上昇

[ 2017年4月29日 05:30 ]

 ゴールドアクターは正午すぎに京都入り。馬運車の到着が集中する騒がしい時間帯だったが、動じることなく堂々と馬房に入った。「輸送中はおとなしかった。1つ年を重ね、追い切り後も以前ほどピリピリしなくなっている」と二藤部助手。

 休み明けの日経賞は5着に敗れたが「叩かれて体つきがシャープに。暖かくなって代謝も良くなった」と上昇ムードに明るい表情だった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2017年4月29日のニュース