【天皇賞・春】傾向と対策

[ 2017年4月29日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気は【0・0・1・9】と大不振。信頼できるのは【5・1・1・3】の2番人気。10番人気以下が7回馬券に絡んでいる。

 ☆脚質 勝ち馬10頭は全て4角を6番手以内で通過。後方からの追い込みでは厳しい。

 ☆前走 阪神大賞典組【3・1・4・47】、日経賞組【3・4・2・43】、大阪杯組【3・3・2・10】の3組が中心。今年からG1になった大阪杯はステップとしての価値は未知数。

 ☆年齢 4歳が4勝2着2回で優勢。5歳が3勝2着4回、6歳が3勝2着2回。7歳以上のVはない。

 結論 ◎サトノダイヤモンド ○シャケトラ ▲ゴールドアクター

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2017年4月29日のニュース