【ジャパンC1週前追い】ジェンティル ムーア手応え「凄くいい」

[ 2014年11月20日 05:30 ]

最強コンビで3連覇だ!!ムーアを背に坂路を駆け上がるジェンティルドンナ(手前)

 最強コンビの復活だ。3連覇を狙うジェンティルドンナ(牝5=石坂)のジャパンC1週前追いにはライアン・ムーアが駆けつけた。坂路でサンライズネオ(4歳1000万)との併せ馬。ラスト1Fで軽く気合をつけると、グイッと前に出た。いっぱいに追われた僚馬を圧倒する手応えで半馬身先着。

 引き揚げてきた名手は涼しい顔で「凄くいい感触だった。年を重ねて大人になり、賢くなってきた感じ。(2戦2勝は)たまたま、いい時に乗せてもらっているだけだけど、今回も良さそう」と切りだした。古馬になってからの2勝(昨年のジャパンC、今春のドバイシーマクラシック)は、ムーアの手綱によるもの。鞍上は「大好きな馬。(ライバルの)3歳馬とはやったことがないし、どういうレースになるか分からないが自分の仕事をするだけ」と力を込めた。

 秋初戦の天皇賞2着からの臨戦は昨年と同じ。石坂師は「久々の前走でも、よく走ってくれた。今までの傾向からも使って良くなるタイプ。実際に(馬体は)パンとして張りがある」と上昇度を感じ取る。既に年内いっぱいでの引退が決定。「引退は近くなってきたけど、ジェンティルの能力に陰りはない。期待を持って出せるし、応えてくれるのでは」。3連覇に向けて手応えをつかんでいた。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2014年11月20日のニュース