【マイルCS】グランデッツァ ラスト伸び欠くも“気持ちの問題”

[ 2014年11月20日 05:30 ]

 グランデッツァは坂路単走でやや伸びを欠き、4F53秒1~1F13秒1でフィニッシュ。「後半の馬場が荒れた時間帯とはいえ、もうちょっと走ってほしかったかな。体とか脚元に不安は一切ないし気持ちの問題だと思うよ」と鍋谷助手は苦笑いを浮かべる。

 京都では4走前の都大路S(芝1800メートル)で日本レコードの圧勝。「まとめて面倒見るぐらいの走りを見せてほしいね」と大駆けを期待した。

続きを表示

「砂の王者決定戦 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典(G3)」特集記事

2014年11月20日のニュース