【マイルCS】ワールドエース完璧!“未完の大器”が悲願成就へ

[ 2014年11月20日 05:30 ]

乗り代わりのブドーを背に、力強いフットワークで坂路を駆け上がるワールドエース(左)

 ワールドエースが馬名負けしない完璧な動きで復調の兆しを見せた。最終追いはブドーを背に坂路でミッキーシーガル(2歳未勝利)と併せ4F52秒1~1F12秒4。機敏な反応と切れ味で、ラストはノーステッキのまま僚馬を1馬身突き放すシャープな身のこなし。休養明けを叩いて馬体も引き締まり、好気配ムード漂う稽古を消化した。

 鞍上のブドーも「スピードがあって力強い。癖がなく乗りやすい馬で理想的な調教ができた。気のいいタイプなのでポジションも取れるし、いい競馬はできる」と好感触を口にした。

 現5歳世代は宝塚記念を連覇したゴールドシップ、同じく天皇賞・春を連覇したフェノーメノらがそろうハイレベルな世代。その中にあって3歳時には皐月賞2着、ダービー(4着)では1番人気を集めたほどの大器。左前屈腱炎で3歳夏から4歳フルシーズンを棒に振ったが、克服してからはマイル路線で素質を開花させた。今回と同舞台である3走前のマイラーズCでは、好位から直線で後続を突き放す圧巻のレコードV。1分31秒4という驚がくの走破時計からも、この馬の傑出した素質を証明している。

 池江師も「マイラーズCの時は必ずしもいい仕上げではなかった。それに比べたら今回の方が出来はいい。今回は使った上積みもあると思うし、京都マイルの舞台も合っている。軽い芝でできれば楽しみはある」と復活の手応えを感じている。

 前走の毎日王冠は行き脚が付かず後方に置かれたまま、流れに乗り切れず13着。師が「休み明けのせいかコーナーまでの行きっぷりが悪かった」と振り返るように本来のパフォーマンスではない。舞台は左回りの東京から、【2・1・0・0】と得意の右回り京都へ。“未冠の大器”が淀の舞台で輝きを放つ。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2014年11月20日のニュース