【マイルCS】地力健在サダムパテック 末脚の切れに自信

[ 2014年11月20日 05:30 ]

坂路単走で追い切るサダムパテック

 一昨年の覇者サダムパテックは坂路で4F53秒3~1F13秒4。ラストはしっかり追われた。6歳馬だが、今夏の中京記念Vで地力健在をアピール。

 西園師は「年齢的に大きな上積みはないだろうが、いい動き。前走は出遅れた上にスローだったし、もうちょっとやれるはず。中京記念のようにうまく流れに乗って、前がやり合ってくれれば」と末脚の生きる展開を希望していた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2014年11月20日のニュース