浅田真央さん 公開お見合いで連絡先交換「顔がとても好きなタイプで…」選ばれたのはあのイケメン落語家

[ 2020年10月7日 22:59 ]

浅田真央さん
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダル、世界選手権3度制覇の浅田真央さん(30)が7日放送のフジテレビ「ホンマでっか!?TV 浅田真央がお見合いで連絡先交換&新メンバー発表SP」(水曜後9・00)に出演。公開お見合いに臨み、実際に男性と連絡先を交換する場面があった。

 浅田さんが今年で30歳になったとことが伝えられると、MCの明石家さんま(65)は「30になったの?国民がみんな子供やと、我が子のように思っているから」と驚く。浅田さんは現在結婚を考えているといい、相手に求める条件を「イケメンで、優しくて、面白くて、身長が180センチ以上」と発表した。男性陣がハードルの高さに頭を抱える中、イケメン評論家の沖直実氏が“お見合い”の場を設ける。

 看護師の男性や、お笑いコンビ「EXIT」のりんたろー。(34)らが紹介される中、浅田さんがくぎ付けとなったのはイケメン落語家の瀧川鯉斗(36)。暴走族の総長を務めていた異色の経歴の持ち主であるが、沖氏は「昔ちょっと悪さしてたんですけども、今はそれを含めてマジメで面倒見が良くて兄貴分で頼りがいがある」と太鼓判を押す。

 実は、浅田さんも「マネジャーさんが『真央にどうかな?』って」と話があり、興味があったという。初めてのデートプランについて鯉斗が「浅草で着物を着ていただいて満喫してもらえたらな」と提案すると目を輝かせる場面もあった。

 実際にやりとりを重ねて選ばれたのは予想通り鯉斗。決め手については「顔がとても好きなタイプで…」と顔を赤らめた。その後、連絡先を交換し、食事に向かう約束を取り付けると、さんまが鯉斗に向かって「電話番号買うぞ俺!」とボケて大団円となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月7日のニュース