上沼恵美子 自宅初公開「これは棺桶に入れてもらいたい」と紹介したモノとは…

[ 2020年5月10日 14:07 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレントの上沼恵美子(65)が10日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演し、自宅を初公開した。

 この日は「上沼恵美子 ご自宅初公開SP」として放送。パーティー用のセカンドキッチン付きのリビングルームなどを紹介しながら、「1番高価なものは?」に「いやーそんなの…貯金通帳ですか?それは見せられへんわ、いくらなんでも。それは無理ですよ」と言い、「私の大事なものでいいですか?」とあるモノを紹介。それは、関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)の放送1000回記念、そして同番組が「1万人が選ぶ好きな関テレ番組」1位に選ばれ、社長賞として受け取ったトロフィーで、「私は全く賞に恵まれない女なんで、初めていただいた賞です。これは棺桶に入れてもらいたいなって思っております」と話した。

 また、「これをいただいた時に共演者が欲しがった」という元プロ野球選手の清原和博氏(52)のサイン入りバットや、プロ野球・ソフトバンクの王貞治球団会長(79)の直筆サインボール、550万円で購入したという画家のヒロ・ヤマガタ氏の作品も「宝物」として紹介した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年5月10日のニュース