「アルプス一万尺しよう!」竹内涼真の“クセが強すぎる”励ましとは…妹分・吉柳咲良が困惑

[ 2019年10月27日 22:59 ]

竹内涼真
Photo By スポニチ

 大ヒット中の映画「天気の子」で声優デビューした女優の吉柳咲良(15)が27日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演、事務所の先輩、竹内涼真(26)の「クセが強い」一面を明かした。

 吉柳は2016年の「タレントスカウトキャラバン」で史上最年少の12歳でグランプリを受賞したホリプロ期待の新星。吉柳にとって、竹内は「お兄ちゃんみたいな存在で、尊敬している」という。

 芸能界入りしてまもないころ、スタッフに叱られ、落ち込んでいた吉柳を見て、竹内は「俺も怒られるけど、愛されているって証拠だから」と励ましてくれたが、小学校6年生だった吉柳は「愛されてるって、なかなか思えない。私には衝撃的だった」とポジティブすぎる竹内に困惑したという。

 また、今年、映画「初恋ロスタイム」の舞台あいさつで一緒になったときのこと。「緊張しやすい」の吉柳のことを思って、「さくちゃん、アルプス一万尺しよう」と声をかけたり、「どんぐりコロコロ」を熱唱したり、竹内のクセ強めの励ましに戸惑ってばかりと打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月27日のニュース