ねるとん復活!石橋25年ぶり“大どんでん返し”11・9AbemaTV特番で

[ 2019年10月27日 05:36 ]

AbemaTVの特番「石橋貴明プレミアム」で、沖縄で恋愛バラエティーを繰り広げる進行役の石橋貴明
Photo By 提供写真

 とんねるず石橋貴明(58)が出演するAbemaTVの特別番組「石橋貴明プレミアム」(11月9日、後8・00)で、伝説のバラエティー番組「ねるとん紅鯨団」が25年ぶりに“復活”する。

 「恋する沖縄48時間ムーンビーチでタカさんチェック!」と題し、石橋が恋愛バラエティーに挑戦。沖縄・恩納村のムーンビーチで男女16人が恋愛サバイバルを繰り広げる。

 「ねるとん…」は1987年から約7年間フジテレビ系で放送された恋愛バラエティー番組。とんねるずが司会を務め、男女が“集団お見合い”を経てカップリングを目指す内容だ。今でも使われる「彼女(彼氏)いない歴○年」「ツーショット」などの言葉も番組から生まれ、社会現象を巻き起こした。

 今回は沖縄に住む男性10人と沖縄移住を願う美女6人が集合。2日間かけてカップリングを目指す。「タカさんチェック!」「大~どんでん返し!」といったフレーズや、“ツーショットタイム”など懐かしの演出も登場。一方でドローンによる空撮など当時にはなかった最新の映像技術も取り入れる。

 今回で第4弾となる「石橋貴明プレミアム」は、石橋の“今インターネットテレビでやりたいこと”への思いを壮大なスケールで実現させる番組。第3弾ではインスタグラムのアカウントを開設したことでも注目を集めたが、局の垣根を越えて伝説の番組を復活させる今回も話題を呼びそうだ。

 舞台となる沖縄ロケは今月中旬に行われた。石橋は「1泊2日でどんなカップルが誕生するのか!?そして“大どんでん返し”はあるのか!?“チムドンドン”お楽しみに!」と、“胸がドキドキする”という意味の方言を交えながら、令和のねるとんをアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月27日のニュース