チュート徳井、活動自粛 新事実続々発覚…督促無視で口座差し押さえも

[ 2019年10月27日 05:30 ]

新たな申告漏れ発覚し、無期限の活動自粛が決まったチュートリアルの徳井義実
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が7年間で計約1億2000万円の申告漏れを東京国税局から指摘されていた問題で、吉本興業が26日、徳井の活動自粛を発表した。徳井の意思を受けた決定で、現時点で自粛期間は未定。また、同社が前日25日には徳井を4時間にわたりヒアリングするなど調査をした結果、新たな事実も発覚した。

 吉本は09年の徳井の個人会社「チューリップ」の設立までさかのぼり、税務手続きや金の動きなどを精査し、3日間かけて25日に一連の流れを確認。全ての状況を把握できたと判断し、26日に本人の意思を受けて活動自粛を決めた。

 徳井は23日に会見し、私的な旅行代などを経費として計上したことや、16~18年には所得を一切申告していなかったことを謝罪した。吉本側は「会見時点で徳井からは活動自粛の意思を伝えられていたが、状況を把握し切れていないことに加え、本人の記憶が不明瞭なこともあり“全部を把握しないと結論は出せない”と、その時点では自粛の判断をしなかった」と説明した。

 改めて吉本がヒアリングした中では新たな事実も発覚した。チューリップは09年の設立以来、一度も法人税の申告期限内に申告していなかった。なかでも衝撃だったのは銀行口座の差し押さえだ。13~15年の3年分に関しては再三にわたる督促があったにもかかわらず納付しなかったため、16年に強制執行を受けていた。

 個人事業主としての所得税が無申告だったことや、チューリップが設立以来、法人に義務づけられている社会保険にも加入していないことも判明するなど、ずさんさが浮き彫りに。12年からの7年間の追徴課税額は1億円超との情報もある。

 徳井は「納税に対する意識、仕事のこと、自分自身のこと、しっかりと見つめ直していきたいと思っております。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪コメントを発表。芸人仲間にも連絡を入れ「周りに何を言われても仕方がない。全て自分が悪いので活動自粛を決めました」と釈明したという。

 劇場の仕事に関しては、代役などを順次ホームページで発表。相方の福田充徳(44)のソロの仕事はこれまで通りだが、コンビの仕事に関しては未定だ。26日はコンビで東京・新宿の「ルミネtheよしもと」のライブに出演を予定していたが「タカアンドトシ」が代役を務めた。

 徳井は関係先への謝罪行脚も控え、完全に活動を自粛する。関係者は「これから年末の特番オファーが入ってくる時期で徳井は引っ張りだこだった。それも全てキャンセルとなる」。年末年始も反省の日々を送ることになりそうだ。

 《電気何度も止められた、ルーズさネタに》徳井は電気、ガス、水道の公共料金も滞納を繰り返し「全部止められたことが何度もある」と公言するなど、ルーズな暮らしぶりが有名だった。下積み時代だけでなく、06年に「M―1グランプリ」で優勝した後の2010~12年ごろにもツイッターでたびたび電気や水道が止まったとつぶやいていた。関係者は「郵便物が来ても、開封せず放置するような性格で請求書なども開けずにいたみたいです。それが今回につながったのでは」と話している。

 【「チューリップ」の法人税申告の経過】

 ▼2009年 節税対策で個人会社「チューリップ」を設立。同社を通じ、吉本興業から支払われる出演料などを受け取る

 ▼12年6月 税務署の指導を受け、期限内に申告していなかった10年3月期~12年3月期分の法人税を申告

 ▼15年7月 期限内に申告していなかった13年3月期~15年3月期分を申告

 ▼16年5月ごろ 13年3月期~15年3月期分を納付しておらず、銀行預金を差し押さえられる

 ▼18年9月ごろ 国税局の税務調査を受け、16年3月期~18年3月期の3年分を申告するように指摘を受ける。同時に12年3月期~15年3月期で経費として税務申告していた旅費、衣服代などの一部が否認される

 ▼18年11~12月 16年3月期~18年3月期の確定申告書、12年3月期~15年3月期の修正申告書を提出。法人税の追徴課税として約3700万円を納付

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月27日のニュース