カンニング竹山、無茶ぶり突きつけ女子アナ泣かした!?

[ 2019年8月24日 12:00 ]

関西テレビの特番「カンテレアナウンサー真夏の挑戦SP~カンニング竹山局長からの怒りの指令を突破せよ~」に出演のカンニング竹山(前列中央)と同局アナウンサー19人
Photo By スポニチ

 関西テレビ「カンテレアナウンサー真夏の挑戦SP~カンニング竹山局長からの怒りの指令を突破せよ~」(25日深夜1・00、関西ローカル)でカンニング竹山(48)がアナウンサー局長に扮して、19人の局アナたちに数々の無茶ぶりを突きつける。

 竹山局長がアナウンサーを呼び出し、数々の指令を出す。まずは「噛まずに小説を読み切れ」。アナウンサー19人が一列に並び、朗読の定番・太宰治の「走れメロス」を、1ページずつリレー形式で読んでいく。ただし、一度でも噛んだらそこで終了。初めて目にする原稿に相当なプレッシャーを感じながら読むアナウンサーたち。竹山は「新しい面が出たり、非常に個性があって、普段見てるよりもキャラクターが出てきて面白かった」と感想を述べた。

 また、関純子(54)、高橋真理恵(32)、谷元星奈(23)ら3人の女子アナウンサーが岐阜県の山奥にある洞窟探検に挑戦。洞窟の奥を流れる名水の味をレポートする指令を受ける。全長約1キロ、高低差30mの洞窟の道は真夏でも気温11度とまるで冷蔵庫の中。狭いチューブのような隙間をほふく前進で進み、垂直ながけをよじ登っては滑り落ちてを30分間繰り返しながら、泥だらけになって進む3人。楽天的な性格の関純子アナでさえ「生きて帰れるんだろうか」と不安に感じ、高橋アナは「気がついたら泣いていて、自分でも驚きました。感情のコントロールが効かなくなる瞬間を初めて体験しました」と語った。谷元アナは「10億円積まれても、もう二度と体験したくない」と過酷すぎるロケを振り返り、号泣した。アナウンサーたちの体当たり演技に注目だ。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月24日のニュース