水卜アナ24時間走者!情報隠し成功した力量発揮 事前番組で痩せた?に「ラーメン我慢してました」

[ 2019年8月24日 20:55 ]

日本テレビ「24時間テレビ」の24時間駅伝の4人目のチャリティーランナーであることを発表した水卜麻美アナウンサー(左)と、羽鳥慎一アナ(中央)、浅田真央さん。
Photo By スポニチ

 日本テレビの「24時間テレビ42」が24日午後6時30分に始まり、総合司会の水卜麻美アナ(32)が駅伝形式で走るチャリティーマラソンの4人目走者を務めることが分かった。番組内で発表された。

 ランナーは、いとうあさこ(49)、ハリセンボン・近藤春菜(36)、ガンバレルーヤ・よしこ(28)のお笑いタレント3人までが発表されていた。当初は4人がそれぞれフルマラソンの42・195キロを走る予定だったが、ケガのリスクなどを鑑みて18日に距離の変更が発表され、よしこと春菜は10キロ短縮した32・195キロとなった。1区近藤、2区よしこ、3区水卜アナ、最終4区いとうとタスキをつなぐ。

 ステージでは4人目走者として水卜アナが手を挙げると共演者はビックリ。ともに総合司会を務める羽鳥慎一アナ(48)は「いつもと痩せ方が違うんだもん。司会どうすんの?」と困惑も、水卜アナは笑顔を見せて場を盛り上げた。

 水卜アナが走者になったことに、ネットは「水卜ちゃんだったかー」「アスリートの人だと思ってた」「局アナが走者!?」「水卜ちゃん頑張れー!」と反応。水卜アナはこの日夕方の事前番組で、Tシャツ姿がスリムになったと指摘されたが「Tシャツを着るために、ラーメンをずっと我慢してきました」と話し、共演者を納得させる場面も。視聴者は「“ラーメン我慢してました”って言ってたけど、まんまと騙されたわ(笑)」「最近痩せたと思ったんだよなあ」と、走者とバレなかった水卜アナを称えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月24日のニュース