たけし&安住紳一郎アナ、あおり運転トラブルに「道徳の授業を激しくやる必要がある」

[ 2019年8月24日 22:49 ]

タレントのビートたけし
Photo By スポニチ

 ビートたけし(72)が24日、キャスターを務めるTBS「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・00)に生出演。茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件について言及した。

 番組では、一連のあおり運転の騒動を特集。脳研究者で東京大学薬学部教授の池谷裕二氏は「劣等感が強かったり、自己評価が低い人は後ろに車がつくと“これはもしかすると、あおられているかも”と感じやすい。それ感じること自体はまだしも、勝ち負けにこだわる人や他人を批判しやすい人はトラブルに発展しやすい」とコメント。

 たけしは自動車だけでなく「空港で飛行機に乗るのが遠いゲートまで行くのに『動く歩道』があるけど、動く歩道であおる人がいる。カバンとかあると蹴飛ばしていく人がいて」と語った。

 安住紳一郎アナ(46)が「ここはやっぱり、たけしさんが推奨するように道徳の授業を激しくやるのがね、必要かもしれません」と話しかけると、たけしは「本当だよ」と反応した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月24日のニュース