eスポーツ「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」で熱戦

[ 2019年8月24日 16:51 ]

eスポーツ大会「GUNDAM GAME GRAND PRIX 2019(GGGP2019)」の初日「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」で優勝した「たぴおかみるくぅてぃーねくすぅと」のメンバー
Photo By スポニチ

 eスポーツ大会「GUNDAM GAME GRAND PRIX 2019(GGGP2019)」(主催・株式会社創通、特別協賛・株式会社SANKYO)は24日、千葉・幕張メッセで初日の競技を行い「たぴおかみるくぅてぃーねくすぅと」が優勝した。

 ガンダムゲーム大会史上最高賞金総額300万円の大会として、日本最大級のキャラクター&ホビーイベント「C3AFA TOKYO 2019」内で行われた開会式にはアニメ「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイ役の声優、古谷徹が登壇し、「伊達じゃない戦いを見せてください。GGGP2019、行きまーす!」とアムロになりきって開幕宣言。またスペシャルサポーター天木じゅん(23)が「皆さまからゴールドのオーラを感じる。全力で応援したい」と興奮すれば、ガンダムゲーム大好き芸人の「アメリカザリガニ」柳原哲也(46)と平井善之(46)は「ガンダム好きに悪い人はいない。皆さん温かい」と声をそろえた。

 大会には全国からプレーヤーが集結し、この日はPS4「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」を対象に14チームによる激闘の末、チームメンバーの連帯感を発揮した「たぴおかみるくぅてぃーねくすぅと」が見事王者に輝いた。優勝賞金90万円をゲットしたリーダーのまつこうは「打ち合わせ通りの戦いができた。うれしい」と声を弾ませた。

 また、会場のメインステージではSANKYO presents パチンコ「フィーバー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」ステージも行われた。古谷もさっそく9月17日から全国のパチンコホールに導入される新台を試打。人目を引く新筐体(きょうたい)はeスポーツエリアにも設置され、多くの来場者で盛り上がっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月24日のニュース