×

24時間テレビ3人目ランナーは近藤春菜 既に6キロ減「太っててもできるんだと見せたい」

[ 2019年8月11日 05:30 ]

日本テレビ「24時間テレビ」で駅伝形式で行われるチャリティーマラソンのランナーに決まったハリセンボンの近藤春菜
Photo By スポニチ

 日本テレビ「24時間テレビ」(24、25日)で4人が駅伝形式で走るチャリティーマラソンに、ハリセンボンの近藤春菜(36)が出走することが10日、分かった。先月発表された、いとうあさこ(49)、ガンバレルーヤのよしこ(28)に続く3人目のチャリティーランナー。「太ってても運動ができるんだと見せたい」と力を込めた。

 今回は4人が順番に42・195キロのフルマラソンを走ってタスキをつなぐ形式。春菜は神奈川県大磯町内で開かれた、いとうとよしこの練習取材の現場に登場。取材陣に「3人目に決まりました」と語った。

 メガネを外し、キャップとスポーツウエアの見慣れない姿を披露。「未知の世界ですけど、仲間がいますし、足を引っ張らないように頑張りたい」と意気込んだ。体質改善に取り組んでいることもあり、既に体重は78キロから6キロ減って72キロになったという。

 先に2人が発表されたことで「残るランナーは誰か」の予想が白熱。春菜は「内緒にするのがつらかった。ネットでは“木村佳乃さんじゃないか”とか(一部報道に)書かれてて言いづらかった」と苦笑した。

 一方、大きな援軍がいる。メインパーソナリティーを務める「嵐」の松本潤(35)だ。焼き肉店で偶然対面し「頑張ってね」とエールを送られた。春菜に内緒で会計を済ませて帰ったといい「潤!絶対、(私を)好きじゃん!」と、うれしそうにノロけた。

 松本から「(ゴールで)待ってるからね」と言われており、これが大きな活力。春菜は「好きになっちゃう。♪走り出せ~!ですよ」と、嵐の「Happiness」を歌いだすほど高ぶっていた。4人目のランナーは今後、発表される。

 ≪励まし合いながら練習≫いとうとよしこは8日の練習で、過去最長距離となる30キロ走に挑戦。30度を超える暑さの中で走り切るも、いとうは「30キロでこれだけしんどいのに、あと12キロあると思うと大変」、よしこも「20キロを超えて足が動かなくなった」と漏らした。

 励みは互いの頑張りだ。いとうは「20キロ地点でよしこと会って凄く元気が出た。やっぱり仲間がいるのはうれしい」と実感した。指導する坂本雄次トレーナーは「それぞれ良いところがあるし、あとは課題をどうしていくか。トータルでは順調に来てる」と話しており、残り期間でラストスパートをかける。

 また、後日発表の4人目のランナーについて、いとうは「信頼できる人。女4人が…」とポロッと話し、全員が女性であることが判明した。

 《「嵐にしやがれ」で発表「皇居の周り走ってる》10日放送の同局「嵐にしやがれ」(土曜後9・00)の番組内でも発表された。嵐の二宮和也(36)が発表し、春菜が登場。トレーニングに励んでいることを明かし「皇居の辺りとか、公の場所を結構走ってる。多分、周りの人には普通にサラリーマンが走ってると思われてる」と笑わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2019年8月11日のニュース